HOME > 相続手続の基礎

相続手続トップ相続手続の基礎相続手続のポイント遺言の問題点

相続税計算順序

「相続手続の基礎」トップに戻る

相続税の計算は次の5段階により行われます。

第1段階 課税価格の計算

相続財産 みなし
相続財産
非課税財産 葬式費用
+
債務
相続開始前3年以内の
贈与財産および
相続時精算課税制度の
適用贈与財産

 

第2段階 課税される遺産総額の計算

課税価格 基礎控除(3,000万円+600万円×法定相続人の数)

 

第3段階 相続税の総額の計算

課税される遺産 × 法定相続分 × 累進税率 各人の相続税額
┗━━━━━━━━━━━━━━┛  
速算表により計算  

 

各人の相続税額の合計額 相続税の総額

★基礎控除後の金額を法定相続分で取得したものとした場合における各取得金額に税率を適用します。

第4段階 各人の負担する税額の計算

相続税の総額 × 各人の課税価格
各人の課税価格の合計額

 

第5段階 納付税額の計算

各人の負担する税額 税額の2割加算 配偶者控除等
の税額控除
3年以内の贈与財産
に対する贈与税
及び
相続時精算課税
に係る贈与税

 

「相続手続の基礎」トップに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター