HOME > 遺言・相続・家族信託Q&A

カテゴリー

最新の記事

月別アーカイブ

家族信託Q&A

◆2012年4月アーカイブ
 

相続Q&A 配偶者がいる場合の遺言作成の留意点(2012/04/01)

Q 配偶者がいる場合の遺言作成の留意点

 

A 配偶者がいる場合に、ご自身の財産を一旦配偶者に相続させた後、次の者(子あるいは兄弟姉妹)に継がせようと考えている場合の遺言の作成のポイントとして次の3つがあります。

・ご夫婦がおのおの同時に遺言書を作成する

・相手方から相続する可能性のある財産も含めて遺言書を作成する

・相手方が先に亡くなった場合も想定して作成する 

(1) ご夫婦がおのおの同時に遺言書を作成する

 配偶者のいる方が遺言書を作成して配偶者に財産を残す場合、その配偶者に相続された後に配偶者が別途、遺言書を作成していれば、遺言どおりに相続されることでしょう。ただし、配偶者が遺言書を作成していなければ、ご本人が考えていた財産の引継ぎとは異なる可能性があります。

 ご本人亡きあと、配偶者が財産を相続してから遺言書を作成するとなると、年齢も重ねるため、病気や認知症等を患って遺言が作成できないかもしれません。

 そのため、遺言書を作成するのであれば、合わせて同時に配偶者も遺言書を作成しておきます。

2012y04m01d_140353142.jpg(2) 相手方から相続する可能性のある財産も含めて遺言書を作成する 

 配偶者が遺言される際、配偶者自身の財産についてだけを遺言しますと、将来、相手方(ご本人)から相続を受けた場合に、遺言書を追加、変更しなければなりません。

 そのため、配偶者が遺言される場合には、配偶者自身の財産に相手方(ご本人)から相続される可能性の財産も含めて遺言書を作成します。 

 これは、ご本人も同様で配偶者から相続される可能性のある財産があれば、それらの財産も含めて遺言しておきます。 2012y04m01d_140410374.jpg

 (3) 相手方が先に亡くなった場合も想定して作成する

 ご本人、配偶者の両方とも、相手方に遺言した財産について、相手方が先に亡くなる場合を想定して、その際の次の受遺者を指定しておきます。配偶者だけの指定であれば、配偶者が亡くなれば、その配偶者に遺言した財産が無効になるためです。

 これもお互いに相手方が先に亡くなった場合を想定して、その際、誰に相続させるかを記載しておきます。2012y04m01d_140421856.jpg

 以上、ご夫婦でいる場合に、相手方から受ける財産があるときと相手方が先に亡くなったときを考慮して遺言することがポイントです。この両方の点を考慮するのは複雑ですが、ここまですれば万全な備えができた遺言書となります。

1
 
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター