HOME > > 相続Q&A > 相続Q&A 長男が亡くなり娘に財産をやりたのだが?

カテゴリー

最新の記事

月別アーカイブ

遺言相続Q&A

相続Q&A 長男が亡くなり娘に財産をやりたのだが?(2012/10/21)

 Q 私の息子が昨年亡くなりました、息子の財産については、その妹である私の娘にやりたいのですが、可能でしょうか?息子は独身でした。

 

A 相続人は父母となりますので、娘さんに財産を与えますと相続人である父母からの娘さんへの贈与とります。

 

1 親から娘への贈与

 息子さんが独身で子がいなければ、相続人は父母(直系尊属)となりますので、ご夫婦で相続していただくことになります。娘さんを交えて分割協議することはできず、任意に相続を放棄しても法的には無効です。また、財産を娘さんの所有にされれば、相続人であるご両親から娘さんへの贈与となり、娘さんに贈与税がかかります。

 ただし、ご夫婦が相続の日から3カ月以内に家庭裁判所へ相続放棄の申述をすれば、相続人が次順位の相続人である兄弟姉妹に移りますので、娘さんが相続することができます。 この3か月を経過してしまいますと相続を承認したとみなされ、放棄することはできなくなります。

  2012y10m21d_152323794.jpg      

2 贈与税

 贈与は年間110万円を超えますと、超えた金額に対し最低10%から課税され、1,000万円を超えた部分については50%の税率となります。その点で多額の贈与税となることが予想されますので、ここは娘さんの所有にせずにご両親で相続されるべきです。

 もし、どうしても娘さんの財産にしたいのであれば、年々に分けて少しずつ贈与していかれる方がよいでしょう。その方が随分贈与税も少なくなります。

2012y10m21d_151748316.jpg

 

 

 

ページトップへ
NPO法人 相続相談センター