HOME > 相続知識 > 相続とは > 法定相続人(相続人は誰か)

相続知識トップ相続とは遺言とは相続税とは財産評価とは

相続とは

「相続とは」リストに戻る

法定相続人(相続人は誰か)

相続は人の死亡によって始まります。その亡くなった被相続人の財産を受け継ぐ者は、民法で定められています。
その財産を承継する者を相続人といい、相続人は、その被相続人の配偶者と直系の血族、兄弟姉妹となっています。

相続人にはその順位が定められており、第1順位が子、第2順位が直系の尊属、第3順位が兄弟姉妹となっています。配偶者は、常に相続人で子、直系尊属、兄弟姉妹とともに相続します。(民887、889)


1. 第一順位の相続人.........子

子が被相続人の亡くなる前に死亡し又は法律によって相続権を失っているとき(これを「欠格」、「廃除」といいます)は、その子の直系卑属である子(子の子)が順次相続します。これを「代襲相続」と呼びます。
養子が亡くなっている場合には、養子縁組後にできた子には代襲相続権がありますが、縁組前からいる子には代襲相続権はありません。

2. 第二順位の相続人.........直系尊属

第一順位の相続人がいないとき、はじめて相続人になります。
直系尊属のうち親等の異なる者の間では、親等の近い者(祖父母より父母)が優先します。

3. 第三順位の相続人.........兄弟姉妹

第一順位の相続人も第二順位の相続人もいないときに限り相続人となります。兄弟姉妹が相続人となるべきときに亡くなっているときはその子が代襲相続人となります。ただし、兄弟姉妹の代襲相続人はその子までの1回に限り認められ、孫以下は代襲相続人となりません。

4. 配偶者は、常に他の相続人と同順位で相続人となります。(民890)

この配偶者とは、婚姻届のされている男女相互の間柄をいい、内縁の夫又は妻は含まれません。

(注1)「欠格」とは、被相続人を死亡に至らせようとした者や詐欺強迫によって遺言を作成した者で相続権を失うことをいいます。
(注2)「廃除」とは、被相続人に対し、虐待や侮辱や著しい非行をした推定相続人で被相続人により相続権を奪われることをいいます。

「相続とは」リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター