HOME > 相続知識 > 相続とは > 相続分(相続人の法定の相続分は)

相続知識トップ相続とは遺言とは相続税とは財産評価とは

相続とは

「相続とは」リストに戻る

相続分(相続人の法定の相続分は)

相続分とは、相続人が相続財産に対して有する割合をいいます。

1. 法定相続分(民900、901)

民法で定めている各相続人の法定相続分は次のとおりです。

 イ 子及び配偶者が相続人であるとき
   子     2分の1             
   配偶者  2分の1
 ロ 直系尊属及び配偶者が相続人であるとき
   直系尊属 3分の1
   配偶者   3分の2
 ハ 兄弟姉妹及び配偶者が相続人であるとき
   兄弟姉妹 4分の1
   配偶者   4分の3
 ニ 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときの各自の相続分は均等です。

ただし、法律上の婚姻関係のない男女間で生まれた子(「非嫡出子」といいます) の相続分は婚姻関係のある男女間で生まれた子(「嫡出子」)の相続分の2分の1であり、また、兄弟姉妹が相続人である場合に、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1です。
なお、代襲相続人の相続分は、その直系尊属が受けるべきであった相続分と同じです。

2. 指定相続分(民902)

被相続人は、遺言で、自ら共同相続人の相続分を定めたり、自分で定めずに第3者に委託することができます。

 この遺言は、民法の定める1の法定相続分に優先します。
ただし、遺言がある場合でも、相続人の最低限の相続財産に対する権利として「遺留分」というものがあり、遺留分の権利に相当する相続分については、遺言に優先します。
ただし、遺留分の規定に抵触する場合でも、遺言による相続分の指定が無効になるわけではなく、遺留分を侵害された相続人は、遺留分の権利を遺言を受けた者に対し行使することができます。

  被相続人が遺言で、共同相続人中の1人又は数人の相続分のみを定め又はこれを第3者に定めさせたときは、他の共同相続人の相続分は、法定相続分の規定に従うものとされています。

「相続とは」リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター