HOME > 相続知識 > 相続とは > 相続人の欠格事由(相続人になれない者)

相続知識トップ相続とは遺言とは相続税とは財産評価とは

相続とは

「相続とは」リストに戻る

相続人の欠格事由(相続人になれない者)

本来であれば相続人と推定される者のうち、「欠格事由」に該当する者は相続人とされないようになっています。

この「欠格事由」に該当する者には、次のような者が該当します。(民891)


(1)意図的に被相続人やその被相続人の死亡時に相続人となるもの(これを「推定相続人」 といいます)や自分より先の順位又は同じ順位の相続人となる者を死亡するに至らせ、 又は至らせようとしたために刑に処せられた者

(2)被相続人の殺害されたことを知って、これを被害者として捜査機関に告訴せず、ある いは告発しなかった者。ただし、その者に是非の判断能力がないとき、又は殺害者が自 己の配偶者もしくは直系血族であったときは、この限りではありません。

(3)だましたり(詐欺)又はおどしたり(強迫)することによって、被相続人が相続に関 する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者

(4)だましたり(詐欺)又はおどしたり(強迫)することによって、被相続人に相続に関 する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

(5)相続に関する被相続人の遺言書を偽の遺言書を作成し、遺言書の内容を変えたり、破 棄し、又は隠した者
「欠格事由」に該当する相続人がいても、その相続人の子は代襲相続人となります。

「相続とは」リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター