HOME > 相続知識 > 相続とは > 相続人の廃除(相続人の資格がなくなる者)

相続知識トップ相続とは遺言とは相続税とは財産評価とは

相続とは

「相続とは」リストに戻る

相続人の廃除(相続人の資格がなくなる者)

欠格事由に該当しないが、被相続人に虐待、侮辱した者あるいは著しい非行のある者で相続人となりうる者(推定相続人)が被相続人によって、相続人から除かれる制度です。(民892)

1. 推定相続人の廃除

遺留分を有する推定相続人が、被相続人に対して虐待をし、もしくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったとき、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができます。
廃除を遺留分を有する推定相続人としたのは、被相続人が廃除したい相続人以外の者に遺言しても、兄弟姉妹以外の相続人には遺留分という最低限の相続する権利があるため、それらの権利のある推定相続人に対して規定を設けています。


2. 遺言による廃除

被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示し、遺言の内容を実行する者として遺言執行者を決めていた場合には、その遺言執行者はその遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければなりません。 この場合にはその推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生じますので、相続人でなかったことになります。


3. 廃除の取り消し

被相続人は、いつでも推定相続人の廃除の取り消しを家庭裁判所に請求することができます。また、遺言によって廃除の取り消しをすることができます。
この廃除の手続きは、家庭裁判所による調停、審判で確定します。廃除の申し立てにより無条件に認められるものではありません。また、廃除の場合は、欠格と異なり、遺言により財産を受ける権利までは無くなりません。

(注1)「推定相続人」とは相続が開始した場合に相続人となるべき者をいいます。


「相続とは」リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター