HOME > 相続知識 > 遺言とは > 自筆証書遺言(被相続人の自筆による遺言)

相続知識トップ相続とは遺言とは相続税とは財産評価とは

遺言とは

「遺言とは」リストに戻る

自筆証書遺言(被相続人の自筆による遺言)

自筆証書遺言は、遺言者が遺言書の全文、日付および氏名を自書し、これに印を押さなければならないと決められています(民968①)。

1. 加除訂正

作成済みの自筆証書遺言に新たに字句を書き加えたり、前の字句を削除したりして遺言書の内容に変更を加える場合には、遺言者が変更した場所を指示し、変更した旨を付記して署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければなりません。
加除訂正が正しくされませんと、変更の効力が生じませんので気をつけないといけません(民968②)。

2. 自書の方法

自筆証書遺言では、遺言者が遺言書の全文・日付・氏名を自書、すなわち自分で手書きしなければなりません。 他人が書いたものではダメで、またワープロ等を使って印刷したものやテープレコーダーに吹き込んだものも自筆証書遺言とはいえません。自筆であれば、文字数の制限もなく英語等の外国語で書いてもかまいません。

3. 用紙

遺言書の用紙は問いませんので、便箋やノート何でも構いません。枚数の制限もありませんので、何ページでも結構です。
遺言書が二枚以上にわたる場合には、その二枚の境に印(契印)を押しますが、たとえ契印がなくても、その数枚が一通の遺言書として作成されたものであることが確認されれば、有効な遺言書となります。

4. 日付

日付の記載は、複数の遺言書が見つかった場合にその作成の前後を決定するために必要となります。したがって作成年月日の記載のない自筆証書遺言は無効で、年月だけで、日がはいっていないものも無効です。
例えば、日付として「平成20年7月吉日」と記載したものは、暦上の特定の日を表示したものとはいえないので、無効です。
遺言書の全文を書き上げた日にその日付を書くのが普通ですが、遺言書作成の翌日に、作成した日の日付を書いたものでも有効です。

さらに、遺言書作成から数日後にその日付を記載した遺言書は、その日付が記載された日に成立したものとされます。
「遺言とは」リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター