HOME > 相続知識 > 相続税とは > みなし相続財産

相続知識トップ相続とは遺言とは相続税とは財産評価とは

相続税とは

「相続税とは」リストに戻る

みなし相続財産

被相続人の財産ではありませんが、実質的に相続や遺贈によって財産を取得したことと同様と認められるものについて、相続税法では課税の公平を図るため、その受けた利益などを相続又は遺贈によって取得したものとみなします。これを「みなし相続財産」と呼んでいます。

この「みなし相続財産」には、次のような7つの種類のものがあります。

① 生命保険金
 被相続人の死亡に伴う生命保険契約や、偶然の事故に基因して支払われる損害保険契約の保険金で、その保険金のうち、被相続人が負担した保険料に対応する部分の保険金
② 退職手当金・功労金
被相続人の死亡により支払われた退職手当金や功労金等で、被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したもの
③ 生命保険契約に関する権利
 相続開始の時において、まだ保険事故が発生していない生命保険契約でその保険料の一部を被相続人が負担しており、かつ、被相続人以外の者がその契約者である場合の生命保険契約に関する権利のうち、被相続人が負担した保険料に相当する部分
④ 定期金に関する権利
 省略
⑤ 保証期間付定期金に関する権利
 省略
⑥ 契約に基づかない定期金に関する権利
 省略
⑦ その他、被相続人の遺言による経済的利益等
 イ、信託行為や信託に係る受益者の変更等があった場合の信託
 ロ、著しく低い価額の対価で財産の譲渡を受けた場合の利益
 ハ、対価を支払わないで又は著しく低い対価で債務の免除、引受け又は第3者による債務の弁済を受けた場合の利益
 ニ、上記のイからハまでの他、対価を支払わないで又は著しく低い価額の対価で経済的利益を受けた場合の利益
「相続税とは」リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター