HOME > 相続手続のポイント

相続手続トップ相続手続の基礎相続手続のポイント遺言の問題点

遺産分割のポイント

リストに戻る

代償分割の利用

1. 代償分割とは

代償分割」とは、特定の相続人が、相続又は遺贈により財産の現物を取得し、その現物を取得した者が他の相続人に対して、債務の負担(自己の固有財産を提供)をする分割方法です。
具体的には、農地のように農業後継者に農地等の土地や母屋等を分散せずに一括して承継させ、その後継者が他の相続人に金銭その他の財産を自らの財産の中から支払う、そのような形態が代償分割という制度です。


他の相続人に対して、債務の負担を自己の財産でおこなっても、贈与にならず、あくまでも相続の分割方法の一つです。
このように相続人間の協議や法定相続を行う場合で、相続財産だけではその分割の方法に合わないときに、この代償分割を積極的に利用します。

2. 代償分割の例

① 相続財産に農地が大半を占める場合
相続財産の大半が農地で、しかも、相続人のうちの1人(又は少数の者)だけがその農地等を相続する場合で、他の相続人にも一定の財産を分け与えたいとき・・・相続人の1人(又は少数の者)が土地を相続し、他の相続人に対し、その相続人の財産から代償分を支払います。



② 預貯金等の金融資産の種類が多い場合
被相続人の財産に預貯金がいく種類もある場合に、相続人間で決められた相続分で、その預貯金等を個々に分けるのが大変なとき・・・相続人の1人が預貯金等の全部を相続し、他の相続人に対し、その相続した預貯金等の中から、各相続人の相続分に見合う金銭等を代償分として支払います。

実務上、金融機関で「相続手続合意書」に単独の代表者をたててお金を引き出し、相続人間で清算している方法も、これに類似した方法です。

リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター