HOME > 相続手続のポイント

相続手続トップ相続手続の基礎相続手続のポイント遺言の問題点

名義変更のポイント

リストに戻る

上場株式の名義変更

上場株式を相続人の口座へ移管する手続きです。証券会社に保護預りをしている場合や保管振替制度を利用されている場合には証券会社で手続きします。

1. 必要書類

手続きには、次のような書類が必要です。
・証券会社所定の相続手続依頼書や振替依頼書(名称、種類が証券会社で異なります)
・被相続人の戸籍謄本(改製原戸籍や除籍謄本を含みます)
・相続人の戸籍謄本
・相続人の印鑑証明書
・遺産分割協議書又は遺言書(ある場合に)

2. 署名押印

「遺言書」で遺言執行人が選任されているときは、その遺言執行人の自署押印。選任されていないときは、受遺者の自署押印。「遺産分割協議書」がある場合には、株式を相続する相続人の自署押印で済ますことができる証券会社が多いようです。
「遺言書」も「遺産分割協議書」もない場合には、相続人全員の「相続手続依頼書」への自署押印が必要です。


3. 遺言書や遺産分割協議書

遺言書や遺産分割協議書の有無によって、次のようになります。
(1)遺言書がある場合・・・公正証書遺言の場合は遺言書のみ、公正証書遺言以外の遺言の場合はその遺言書と家庭裁判所の検認調書が必要です。
(2)遺言書でなしに遺産分割協議書がある場合・・・遺産分割協議書があれば、その遺産分割協議書を用います。
(3) 遺言書も遺産分割協議書のない場合・・・相続人全員で「相続手続依頼書」に署名押印します。

4. 現株を所持の場合

相続人に口座がない場合は、併せて口座を設けていただく必要があります。また、株式を現物でお持ちの方の場合は、株式の名義変更を行うため、名義書換代理人として指定された信託銀行で名義書換えをしていただきます。株券や株式名義書換請求書に証券会社と同様に必要な書類を併せて提出してください。

概ね、以上のような手続きとなりますが、証券会社によってそれぞれ書類や名称、その手続きに若干差異がありますので、株券を預けている証券会社の各支店へ問い合わせください。

リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター