HOME > 相続手続のポイント

相続手続トップ相続手続の基礎相続手続のポイント遺言の問題点

名義変更のポイント

リストに戻る

戸籍謄本の揃え方

1. 被相続人の戸籍謄本

相続手続きに必要な被相続人の戸籍は、被相続人が生まれた頃からの連続した戸籍謄本を集めます。
これは、連続したすべての戸籍を取り揃えることにより、その被相続人の推定相続人である配偶者や子がすべて漏れなく現わされるからです(ただし、実際にその子供が生存しており、相続人になるかどうかは、子の方の戸籍を確認しなければなりません)。


2. 相続人の戸籍謄本

相続人の現在の戸籍を揃えます。ただし、相続人が被相続人の死亡の前に亡くなっていれば、その相続人の生誕後の戸籍を取り揃えて、その相続人の子(代襲相続人)である相続人を確定させなければなりません。

3. 戸籍の種類は

戸籍には、「戸籍謄本」、「除籍謄本」及び「改正原戸籍」の3種類があります。
除籍謄本」とは、その戸籍に記載されている方が転籍したり、亡くなったり、結婚したりして全員がいなくなった戸籍をいいます。
改正原戸籍」とは、戸籍制度の統一や改正によって、戸籍が書き換えられたもので、その書換えされる前の戸籍を改正原戸籍といいます。最近では平成6年にコンピュータ化のため、その前は昭和23年に家制度から家族制度への変更のため改製されています。その前は大正4年まで遡ります。

4. 戸籍の連続や移動の見方

戸籍が連続しているかどうかを確かめることは、なかなか困難ですが、一応の見方を示してみます。

例えば、その被相続人の戸籍が揃っているかどうかをみるとき、その者が誕生してから婚姻や離婚、あるいは養子縁組等の機会に戸籍が移動します。
その者の戸籍の変遷までの間がその属している戸籍の編製期間に含まれていますと、その間がその戸籍によって充足されますので、その変遷を充たす戸籍を順に揃えていきます。
その一方で、本籍地が変わったり、あるいは戸籍制度の改正による戸籍の改製が生じていますので、その分だけ揃える戸籍謄本等の数が増えることになります。

5. 戸籍謄本の役所への請求の仕方

被相続人の戸籍を揃えるには、現在の本籍地の役所に「相続のために被相続人の誕生からの戸籍謄本を取りたい」と依頼すれば結構です。
ただし、転籍前の本籍地は役所の方では調べていただけませんので、戸籍謄本等を取って従前の本籍地を調べ、同様に従前の本籍地の役所に依頼します。

従前の役所が遠方であれば、郵送によって請求します。戸籍が何種類あるか分らなければ、余分に郵便小為替を組み、返信用封筒とともに送付します。お釣りは役所の方で返信用封筒に同封して返却してもらえます。万が一のためにこちらの連絡先の電話番号を入れておきましょう。

リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター