HOME > 税務その他情報 > 税制改正 > 平成25年度 贈与税の税制改正案

カテゴリー

最新の記事

月別アーカイブ

税務その他情報

平成25年度 贈与税の税制改正案(2013/01/27)

■「平成25年度 贈与税の税制改正案」

平成25年度の贈与税の税制改正案の内容は、次の3点でいずれも軽減される措置です。3の教育資金の一括贈与以外は平成271月1日以降の贈与から適用されます。

1 累進税率の緩和

 贈与税の税率が20歳以上の者が直系尊属から受ける贈与とそれ以外の贈与と分かれますが、それぞれ税率が緩和されます。

 2013y01m27d_161142867.jpg

 

2 相続時精算課税に係る贈与の適用対象者の拡大

 65歳以上の者から、その者の推定相続人でその年の11日現在で20歳以上の子(子が亡くなっている場合には孫)に対する贈与で、累積で2,500万円までの贈与が無税(2,500万円を超えれば超えた金額の20%の贈与税を納税)となる制度ですが、その贈与者、受贈者の適用範囲が拡がります。

  2013y01m27d_161234737.jpg

3 教育資金の一括贈与の非課税制度の創設

30歳未満の者の教育資金に充てるため、その者の直系尊属が金銭等を拠出して金融機関に信託した場合には受贈者一人当たり1,500万円(学校以外に支払われる金銭は500万円)までの金額に相当する部分について平成2541日から平成271231日までの間に拠出されるものに限り非課税とします。   2013y01m27d_161344718.jpg

 

 

 

 

ページトップへ
NPO法人 相続相談センター