HOME > 相続知識 > 遺言とは > 秘密証書遺言(中身を秘密にする公証人役場での作成遺言)

相続知識トップ相続とは遺言とは相続税とは財産評価とは

遺言とは

「遺言とは」リストに戻る

秘密証書遺言(中身を秘密にする公証人役場での作成遺言)

秘密証書遺言は、遺言書の内容を他人に秘密にしながらも、遺言書の存在を明らかにするため、公証人に封ごと提出する遺言です。(民970)

要式

秘密証書遺言は、以下の手続きにしたがって作成します。

① 遺言者は、その遺言書に署名し、印を押します。
自筆証書遺言と異なり、署名さえ自筆であれば、遺言書の内容は代筆でも構わず、ワープロ等を使って印刷したものでも結構です。ただし、遺言書自体の加除訂正は自筆証書と同様となっています。
② 遺言者は、遺言書を封筒に入れ、遺言書に押したのと同じ印で封印します。
③ 遺言者は、その封書を公証人一人および証人二人以上の前に提出し、それが自分の遺言書であること、ならびに遺言書の筆記者の氏名・住所を申述します。 
言語障害者は通訳者による通訳(手話通訳等)または封筒に自書することによりこの申述に代えなければなりません。これらの方法によったときは、公証人はその旨を封筒に記載しなければなりません。(民972)
④ 公証人は提出された封書に日付および遺言者の申述を記載したのち、遺言者、証人とともにこれに署名し、印を押します。

また、秘密証書遺言の方式に欠けるものであっても、自筆証書遺言の要件を具備しているものであれば、自筆証書遺言としての効力が認められます。

「遺言とは」リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター