HOME > 相続知識 > 相続税とは > 相続税の非課税財産

相続知識トップ相続とは遺言とは相続税とは財産評価とは

相続税とは

「相続税とは」リストに戻る

相続税の非課税財産

1. 趣 旨

非課税財産は、財産の性質や社会政策上の見地から、あるいは国民感情等を考慮し相続税の課税対象としないものです。

2. 非課税財産

次に掲げる財産の価額は、相続税の課税価格に算入しません。

(1)皇室経済法の規定により皇位とともに皇嗣が受けた物
(2)墓所、霊びょう及び祭具並びにこれらに準ずるもの
(3)宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者で一定のものが相続又は遺贈により取得した財産でその公益を目的とする事業の用に供することが確実なもの
(ただし、その財産を取得した日から2年を経過した日において、なおその財産をその公益を目的とする事業の用に供していない場合においては、その財産の価額は、相続税の課税価格に算入します。)
(4)条例の規定により地方公共団体が精神又は身体に障害のある者に関して実施する一定の共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
(5)相続人(注1)が相続により取得したものとみなされた生命保険金で法定相続人1人あたり500万円として計算された金額
(6) 相続人が相続により取得したものとみなされた退職手当金等で法定相続人1人あたり500万円として計算された金額

(注1) 相続人とは、相続を放棄した者及び相続権を失った者を含みません。

「相続税とは」リストに戻る
ページトップへ
NPO法人 相続相談センター